さくさくした軽い触感、カシューナッツのしっかりとした味わい「アンコールクッキー」

 

 

 

 

カンボジアで活躍している日本人がいました!

シェムリアップにあるオレンジ色の日除けがきれいな、真新しいお土産物屋さんでのことです。カンボジアの内戦から復興し、観光立国として立ち上がろうとするカンボジア。その一助になるべく、岐阜県でお生まれの小島幸子さんがこのお店を開いたそうです。

この店の目玉商品はクッキーです。その名も「アンコールクッキー(Angkor Cookies)」。アンコールワットを見事にかたどったクッキーで、お店で試食もできました。

アンコールクッキーはさくさくとした軽い触感ですが、カシューナッツのしっかりとした味わい。濃いコーヒーが欲しくなります。お隣の国べトナムのコーヒーの、練乳抜きなんて合うんじゃないでしょうか。イタリアのエスプレッソなども良いかもしれません。

アプサラの踊り子さんが小さく描かれた袋に入ったクッキーもありましたが、私は断然、木の皮を葦で組んだ筒に入ったクッキーを買いました。袋状のものに比べてスーツケースの中で場所はとりましたが、しっかり編まれた筒は蓋こそとれてしまいましたが、いまでもスパゲッティ立てとして、私のキッチンに彩りをそえてくれています。

日本人がカンボジアで作ったアンコールクッキー、あなたもおひとついかがですか。

■マダムサチコ
営業時間:9:30-19:00
公式ホームページ:マダムサチコ

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。