カンボジアの「籠バック」にノックアウト!

 

 

 

 

カンボジア伝統布のカバーつきの籠バックにもう一目ぼれです。絶対誰にもあげません。

いままで暑い国には数多く旅行しまして、そんな暑い国では必ずと言っていいほど籠のバックがお土産物として売られています。ふ~んと手にとってしばし眺めるものの、よく言えばざっくりとした網目のものが多い籠のバックに、夏に使うにはいいかもと思いつつも、買うまでにはいたりませんでした。

が! この写真の籠バックさんには完敗です。店先で目が合った瞬間、ノックアウトされました。

ガイドさんのいとこがやっているという、オールドマーケットの一角にあるそのお店には、たくさんのお土産物が並んでいるのが、遠くからでもわかりました。

「ニャンさん(ガイドさんのお名前です。男性)にはお世話になったし、ひとつくらい買わなきゃね~」。

失礼ながら上から目線でそんなことを思いつつ、店に一歩踏み入れる前に「ビシリ」と、眉間に「でこぴん」を頂いたような衝撃を受けました。もちろん眼は釘付けです。

店先にずらりとつりさげられている他の籠も一応は見なきゃ。そう思うものの、目がそれから離れません。

「これ買いますから」

ニャンさんにそう宣言し、その勢いに、おやおやと笑顔?苦笑?を浮かべている出迎えてくれていたいとこさんにお渡しし、次なる獲物を物色すべく、鼻息も荒くお店に入った私です。

というわけで、私の新たな宝物となった写真の籠バック。粗忽者で面倒くさがりの私ですが、汚れがつかないように細心の注意をはらい、毎夏使い、シーズンが終ればきれいに拭いて布の袋に納めています……。


■オールドマーケット
住所:Old Market Area, Siem Reap
営業:売り場によって異なる。大体早朝から19:30頃まで
定休:無休

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。