めくるめく料理の数々のメキシコ伝統料理

 

 

メキシコシティに滞在したときに泊まった素晴らしいNHホテル。そこから徒歩1分(もしかしたら30秒?)の、メキシコ伝統料理が売り物のレストランです。メキシコを後にする最後の晩餐としゃれこむのにふさわしいレストランでした。

昼食にはすこし遅く、夕食にははやすぎる時間だったせいか、店内はがらがら。おかげで2階の通りに面した窓際で楽しめました。ぴっかぴかに光る銅のお皿のセッティングされた、丸いテーブルに落着き、いや~食べた食べた。

SOPA(スープ)からはじめ、サラダに肉に、ビールはもちろん色の濃いのと薄いのを。食事を頼むとついてくるうす焼きのクレープ(トルティーヤ)も、熱々のものがどんどん補充されました。

妹にわたしがどうしてもと依頼した、チョコレートがけの鳥の胸肉(mole poblano)が出てきたときには、お腹一杯。

それでも甘ものは食べたい。ってことで、給仕してくださっていたお兄さんにきくと、「じゃあケーキを見せるから」。と持ってきてくれたのが……。


デザートは控え目に

 

 

鍋です。フリーダ・カーロの博物館の台所でもみかけたような、土色・あめ色のぽってりとした土器型。

嬉しくなっていまい、クレームブリュレとアーモンドをうめたムースのようなもの、それから黒いクリーム状のものをそれぞれ頼みました。クレームブリュレなんて、お兄さんがサーヴィスしてくれるのをいいことに、妹とふたりで鍋の残りを全部もらっちゃいました。

この店にデザートを注文される日本の方は、「量は少なめで。あ、半分でいいわ」必ずそう言い添えることをお勧めします。もちろんエスプレッソかコーヒー(しかもブラックで)と一緒に。もんのすごく甘いですから。

最後にメキシコの国旗色の伝統的キャンディーまで頂きました。ごちそうさまです。


■El Cardenal
住所:Palma 23, Mexico City, Mexico
電話:5521-3080
公式サイト:http://www.restauranteelcardenal.com/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。