【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

疲れ切った恋愛のおかげで、愛情の価値が分かるように

ジャニーズの岡田くんにそっくりな、
そしてもうドキドキさせられることだらけの
そんな彼との4年にわたる恋愛があった。

彼は男同士の付き合いが優先で、
かといって彼女である私をないがしろにすることもなく、
そして
ほんのちょっとした焼きもちをやかせるのが上手で、
彼自身も焼きもちやきなところを時々見せた。

今思えば
彼の元カノも、私も、その後の新しい彼女も
すっかり彼の希望通りの彼女に変身させられていたなぁ。
おそらく自分では気づいていなかったんだろうけど彼はいつも細かい駆け引きをしていた。
ちょっとずつ焼きもちを焼かせて、常に自分が少し優位な立場でいる状態を作って、
そして自分は男友達との付き合い優先。

付き合い4年目は私も焼きもちを焼くことにつかれていた。
彼のほうもすっかり自分に従順になった私に飽きたのだろう、
とうとう他に好きな人ができたと別れ話をされた。
復縁したい一心でその後もずいぶん粘った私だったが、
結局、彼のほうはその新しい彼女とうまくいくようになり、私はあきらめざるを得なくなった。

今の旦那と付き合い始めたとき
何のかけひきも、昔のようなドキドキハラハラもなく、つまらない恋愛だと思っていた。
ところが、付き合っていくうち、その不器用さの中に、
「どんな理由であっても男は女を泣かせるべきではない」
という頑固なこだわりがあることが分かり、
私を絶対に不安にさせないように という、見えない部分での男らしさに
徐々に、雲がはれるようにぱぁっと見えてくるものがあった。

昔のドキドキハラハラのあの恋愛は彼が自分のためだけにしていた恋愛だったのだ。
私が焼きもちをやいて我慢したり傷ついたりしていることは考えず、
相手の焼きもちを見ることで彼自身は安心して満足し、
うまく自分の理想通りの彼女になるよう、私を誘導しながら
彼自身は私のために変わろうとしたことはなかった。

彼に振られた時には、もうすっかり彼に染められていた私だったから、
なんとか彼にもう一度振り向いてもらえるようにどんな努力でもする、と思い続けていたが
あの疲れ切った恋愛と疲れ切った失恋のおかげで
今の旦那と出会ってからの駆け引きのない、素直な不器用な愛情が
どれほど純粋でやさしいものか
それがどれほど貴重なものか
その価値の分かる女になれたんだろうな、と思う。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。