失恋があったからこそ、気がつけたこと

学生の頃、付き合っていた彼にメールで別れを切り出されました。

振られたときは、どうしようもなく悲しくて、眠かろうが、風邪ひこうがごはんだけはもりもり食べていたのに、食欲もなく、うつうつした日々を過ごしていました。

「どうしてふられたんだろう」

素敵な思い出ばかりが何度も何度も頭の中で上映され、涙がこみあげてくる。

どうしたら、立ち直れるんだろう。前向きになれるんだろう。

いつまでも消せない彼とのメール、写メ、メアド。

これを消したら、きっと後悔する。もっと悲しくなる……。

でも思い切って消した。するとなぜかとてもすっきりした気持ちになったのです。新しい気持ちが少し芽生えてきたのです。

そのとき気づいたのです。

いまの自分、あたらしい自分を大事にするには、捨てなければならないものがあるということを。そのときの私にとっては、彼を思い出させるメール、写メ、メアドだったんですね。

私はいま、自分にとって必要なもの、気持ちが前向きになれるものだけに囲まれて生活しています。そのほかのものは全部思いきって捨てました。今の自分に必要ないもの、人間関係もすべて。ものも心も生活も代謝が必要なんですね。

そんないまの自分があるのもこの失恋があったからこそかもしれませんね。


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。