ほんとは、何が原因で別れたのか……

恋人同士が別れる原因は、浮気、転勤など仕事上の都合、金銭トラブル、長年の価値観のすれ違いなど、様々なケースがあります。

どんな原因でも、自分のほうから復縁を考え、その思いが膨らんできた時は、冷静に考えてみたいことがあります。

まずは「別れた本当の原因」を探ってみましょう。

もし、彼の浮気が原因だとしても、他の女性に目が行ってしまうようなきっかけを自分が作っていなかったか……。

転勤で気持ちが離れたのではなく、どちらも情熱が薄らいでいたのではないか……。

別れる直接の原因だけではなく、それを育ててきた「何か」を探りあててみましょう。

彼の収入や服装のセンス、日常のクセ、世の中に対する考え方、お金の使い方、時間のすれ違い……。いつの間にか不満が蓄積して、ちょっとしたことがきっかけで、爆発し別れに結びつくことも多いのです。

爆発させた不満を、今度は許容できますか?

そんな、別れの本当の原因を、今後は許容することができるでしょうか。
もし、自分でも反省する部分があり、話し合ってお互いに許容しあえる自信が持てるようなら、行動に移しましょう。

最初は懐かしい友人に会うつもりで……

まずは友人を誘うように、メールなどで「久々にお茶か食事でも」と誘ってみましょう。あくまでも友人ライクに。

「桜のキレイな料理屋を見つけたんだけど、カップルじゃないと入りづらいから……」など気軽な感じで。

断られずに会えたら、近況報告がてら、さりげなく今、恋人はいないかを聞いてみましょう。

もう恋人がいる場合は諦めて! しつこくすると台無しです。
まだフリーなら、サラッと次回の会う約束をして、その日は別れましょう。

2度目は、自分の気持ちを伝えて……

2度目のデートにも快く付き合ってくれたら、復縁を考えていること、色々考え反省していることなどを、格好を付けず駆け引きもせず、誠意を持って話してみましょう。

もし相手が気乗り薄な感じなら、その日はそれ以上はストップ。

いい関係を取り戻すためには、焦らず時間をかけて戻すことが大切です。

共通の友人の力も借りて……

共通の友人や、同僚などがいる場合は、友人宅でホームパーティーを開いてもらったり、皆でバーベキューをやったりとイベントを企画して、そこで何回か出会う段取りを付けるのもお勧めです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。