斬新なデザインが多いインドネシアのガラスの器

 

 ガラスの器

インテリアに興味がある方へのインドネシア土産としておすすめしたいのがガラスの器です。

インドネシアのバリ島に行った時に買い求めたものですが、ガラス本来の薄いブルーグリーンの色味を活かした素敵なデザインのガラスの器が多く販売されていました。

日本では目にしないような斬新なデザインのものが多く、玄関において小物入れとして活用したり、エスニック料理のソースを入れて食卓に出したりとさまざまなシーンで使えると思います。

私は3つ繋がった横長のデザインが気に入り購入しましたが、大きいものから小さいものまでさまざまなデザインのものが揃っていました。

同じものを友人にお土産として渡したのですが、とても気に入ってくれて先日友人宅にお邪魔したら、小さなスイーツを3種盛りにして出してくれました。透明感があるのでとても涼しげで素敵でした。

購入したショップ名は覚えていませんが、ウブドという田園風景が楽しめる地域のガラス食器店で購入しました。少し大きいですがフラワーベースなども素敵でした。

とくに厳重な梱包はしてもらえませんでしたので、持ち帰る際にはTシャツを巻いて持ち帰った記憶があります。気になる方はあらかじめ梱包するものを持ち込むとよいと思います。

■3つ繋がったガラスの器
購入場所:ウブドのガラス食器店

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。