シルクはお茶に並ぶ中国の名産品

 

 

このショール、一体いくらで買ったと思います? これは、北京のガイドブックや地図には必ずと言っていいほど乗っていた常設市場で購入したのですが、あの頃はまだ北京オリンピックの影すらなく、アメリカの元に対するプレッシャーも強くありませんでしたから、1元=10円くらいでした。

 

 

中国の名産品といえばお茶とシルク製品ですから、シルクのショールはポピュラーなものらしく、おなじ色柄のものが、ビニールの日除けのしたで軒を連ねる複数の店で売られていました。わたしがその店で買ったのは、売り子のお姐さんが、プラスチックの水筒に入ったお茶をのんきにすすりながら座っており、他の店のような激しい呼びこみがなかったからです。
色は、わたしが買った緋色とエメラルドグリーンのほかに、ピンクやブルー、翡翠色に朱鷺色などが、まさに色の洪水のごとく売られていました。

数あるシルク製品のなかでショールをお薦めする理由

まずパジャマや小物などと違って贈る人を選ばず、自分用としてもおしゃれのワンポイントとして手軽に使えるものだから。
また、安価なものであっても、さすが原産国にして生産国。質の良いものが多く、さらには袋にいれず吊り下げて売られていることが多いため、手触りや肌あたりを直接確かめられる。

尚、わたしはこのふたつを100元で購入しました。貨幣価値が違うので単純計算はできませんが、二枚で1000円ですね。旅行日程もなかば過ぎ、すっかりあちらの価格に慣れていたわたしは最初30元と言ってしまい、さすがにお姐さんに怒られたましたが、いまではいい思い出です。


■シルクのショール
購入可能場所:秀水市場 
住所:朝陽区秀水東街8号
電話:010-5169-9003
営業時間:9:30~21:00
アクセス:地下鉄1号線「永安里駅」すぐ

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。