しっとりタイプの肉鬆だとよりいっそう旨みを味わえる

 

 

 

 

肉鬆(ロウソン)は、台湾でよく見かける豚肉のふりかけです。でんぶの肉バージョンのようなものと言った方がイメージわきやすいでしょうか。とりこになる美味しさの食べ物です。

肉鬆に初めて出会った時はかなり衝撃を受けました。地味な見た目なのに、ご飯にかけて食べてみるとものすごく美味しいのです。ホテルの朝食のバイキングにもよく登場し、おかゆにこの肉鬆やピーナッツ、たけのこ、漬物などを入れて食べたりもするようです。サクサク感が残っている肉鬆も美味しいですが、しっとりした肉鬆も、よりいっそう旨味を感じることができます。

そして、おそらく日本人の感覚からするとちょっとビックリかと思うのですが、台湾ではこれをサンドイッチにはさんで食べたりもします。家庭で作るだけでなく、パン屋でも肉鬆入りサンドが売っていますので、メジャーな食べ方のひとつなのでしょう。でもこれがまた、食べてみると美味しいのです。ツナマヨや玉子サンドにアクセントとして加えると、肉鬆のモソモソ感がなくなって、美味しさだけが残り、笑顔こぼれるサンドイッチとなります。

土産屋にもスーパーにも売っている肉鬆ですが、私のオススメはカルフールブランドの肉鬆。プライベートブランドなのでもちろん他のメーカーのものに比べて安いのですが、味は決して劣っていません。自分用にも買ってしまいたくなるお土産です。

■カルフール 重慶北路店
住所:台北市重慶北路二段171号
営業時間:10:00~22:00(金・土曜のみ10:00~23:00)
定休日:なし
HP:http://www.carrefour.com.tw/

※データは記事公開時点の情報です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。