日本では珍しい乾物や漢方薬が手に入る

 

 

 

 

 

 

台湾の地元の人たちが利用する「迪化街」は、台湾最大の乾物街。ローカル気分を味わえるおすすめのスポットです。

迪化街は、19世紀中頃の清朝末期、貿易や船荷を扱う商店が街を形成したのが始まりです。20世紀初頭の日本統治時代は、台湾全土から乾物、漢方薬、お茶、布などを扱う商店が集結し、台湾の主要な商業エリアだったそうです。

店先に並ぶ乾物や漢方薬が圧巻でまず驚き!また、美しいバロック建築の建物が並んでいるので建物好きな方にもぜひ行って頂きたい場所です。レンガづくりや重厚な建物が歴史を感じさせてくれます。

ちなみに「迪化街」という地名がついたのは戦後だそうです。

現在でも台湾一の漢方、乾物、布問屋街としてにぎわう「迪化街」は多くの地元客や観光客が集まっています。

ぶらり散策しながら、ドライフルーツ、お茶、高級食材(フカヒレ、アワビなど)、漢方薬など、日本ではなかなか買えない乾物をお買い物してみはいかがでしょうか。

■迪化街
住所:台北市迪化街
営業日:店舗により異なる
営業時間:店舗により異なる

※データは記事公開時点の情報です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。