病院で働く薬剤師

病院薬剤師

病院での薬剤師の職務は広がっている

病院で働く薬剤師の主な仕事は、入院患者様向けの内服薬と注射薬の調剤です。

病院勤務の特徴として、病棟に出て入院患者様と接する機会を得られることがあげられます。

薬剤師は病棟で、患者様にこれから飲む薬の名前や薬効、服用法や副作用について説明します。

また、実際の薬の投薬が始まってからも使用量や効果を確認して、患者様が安心して薬を飲めるように心を配ります。また、患者様の様子を伺い薬を飲みやすい剤型に変更することを医師に提案したり、一包化することもあります。

病院では採血を行うことで、血液中の薬物濃度を測定しています。薬剤師もこれらの検査値やカルテの確認ができるので、薬の副作用・相互作用に気付きやすく、未然に防ぐことができます。

病院で働く薬剤師のやりがいの一つに、投薬した薬の患者様への影響を見守れるという点があります。確かに薬局も患者様の身近な存在ではありますが、服用するのは患者様の自宅であり、服薬コンプライアンスが守られているかどうかは、患者様への聞き取りでしか確認できません。

この点、病棟活動では患者様のベッドサイドで服薬指導をすることで、残薬を確認したり、アレルギーや副作用をチェックし即座に生かすことができます。