まつげエクステンションをせっかく装着したら、1日でも長く美しい状態を保ちたいものですね。ちょっとしたコツで長持ちさせ、まつげに負担をかけないクレンジングテクニックをご紹介いたします。

エクステ装着当日の注意点

まつげエクステを装着するグルー(接着剤)は完全に硬化するためには約24時間かかります。硬化前に水分を含むことで持続性が弱まります。まつげエクステを美しく持続させるには、装着当日はなるべく洗顔などで装着部分を濡らさないことが最大のコツです。24時間以内にサウナやプール、長風呂などは特に気をつけましょう。

また洗顔直後の装着も避けましょう。まつげに余分な水分が含まれ、グルーの硬化時間が長くなり、持ちが悪くなります。

クレンジング剤を選びましょう

まつげエクステを装着するグルー(接着剤)はオイル成分に弱いため、クレンジングオイルの使用は避けましょう。オイルクレンジング成分はグルーに浸み込み、まつげエクステを浮かせてしまいます。また大量の界面活性剤が含まれているために、自まつげや肌の潤い成分までも洗い流してしまいます。ノンオイルのクレンジングを選ぶことが、美しいまつげエクステを保つコツです。

またコットンを使用して拭き取るクレンジングはまつげに繊維が絡まり、まつげエクステを取れやすくしてしまうので注意が必要です。

クレンジングの仕方

根元から毛先へ

イラスト根元から毛先へ

ノンオイルのクレンジングジェルなどをまぶたに乗せ、まつげの生えている方向に向かって優しく指を動かしていきましょう。

アイライン、マスカラなどはお湯で簡単に落ちるタイプのものを使用することをお勧めします。まつげエクステを装着したまつげの根元を触らないように力を入れないように気をつけてください。根元を触ってしまうと根元からまつげエクステが取れやすくなってしまいます。


横にこする

横にこする

また横に擦ることにより、まつげエクステの根元が浮いてしまったり、毛先が絡まってしまうことがあるので、横にはこすらないように注意しましょう。

横に擦ることにより、自まつげも摩擦で切れやすくなります。自まつげの健康はまつげエクステの持続性に大きくかかわってきます。日ごろからまつげを健康に保つことも重要です。


コットンを使用

コットンを使用

コットンにクレンジング剤を含ませて拭いたり、クレンジング剤が含まれているクレンジングはまつげの根元のひっかっかり、まつげエクステが取れる原因になりますので絶対に避けてください。

コットンの繊維はとても細くまつげ装着部分に入り込み、繊維がまつげに残ってしまうこともあります。

しっかりアイメイクしたときのクレンジング方法

細かいところやしっかりアイラインを落としたい場合はアイシャドーブラシを使用しましょう。この場合もオイル成分を含まないクレンジング剤を使用してください。力を入れずに優しくブラシで落として行きましょう。綿棒を使用するとやはり繊維がひっかかり、まつげエクステの持ちが悪くなる場合があります。装着部分になるべく触らないことが、まつげエクステを美しく保つコツです。