多くの作家を虜にした因島の文学スポット

 

 

土生町東部に位置する標高208mの天狗山。山頂へと続く山道「文学の散歩みち・つれしおの石ぶみ」には、因島にゆかりのある文学者19名の碑が順番にたてられており、文学ファンにはたまらないスポットです。

草木の生える小道は足元が心地よく、自然のままの傾斜を利用しているため、仰々しくないのがいいです。散歩道といってもちょっとしたトレッキング気分を味わえます。

 

 

ひとつひとつ碑に記された詩を詠みながら歩いていると、そこに込められた本当の意味が空気と一体になって体の中にしみわたります。

眼下には海が広がり、絶好のビューポイントを見つけたら、そこにしばらく腰かけるのもいいでしょう。連絡船のぽーっという音が、時たま聞こえてくるだけです。尾道を訪れたなら是非、因島まで足を延ばしてみてください。どうして尾道がここまで多くの作家を虜にしたのか、わかるような気がします。

■文学の散歩みち・つれしおの石ぶみ
住所: 広島県尾道市因島土生町 因島公園内
電話:0845-26-6111(因島観光協会)
アクセス:しまなみ海道「因島北IC」より車で15分
URL: http://innoshima.no-blog.jp/(因島観光協会)

※データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。