イギリスの伝統的な雰囲気があるパブ

 

 THE NAGS HEAD

コベント・ガーデン駅のすぐ目の前にある「ザ・ナッグス・ヘッド(THE NAGS HEAD)」というパブ。180年続くビール醸造所「マクミュラン」系列のお店です。

このパブは、イギリスの伝統的なパブの雰囲気をそのままに、場所がコベント・ガーデン駅のちょうど目の前でアクセス抜群。明るすぎず、暗すぎず、客層の偏りがないのが特徴です。自社のビールを使った「パブメニュー」は手抜きせず、ボリューム満点。間取りが平面的で規模が大きすぎないので、お店全体の雰囲気がよく見渡せるのもポイント。
 

 お店全体の雰囲気

ロンドンを訪れ、「パブってどんなところか、とりあえず見てみたい」という方は、まずこのお店に入ってみるとよいと思います。外観も内装も、いわゆる伝統的なイングリッシュ・パブの中間の雰囲気なので、他の個性的なパブを回る前に、まずは「基本形」をつかむのにとても参考になります。人通りが多い場所にある人気のパブなので、混雑時はなるべく避けて早めに入店するのがおすすめ。
 

       自社のビールを使ったパブメニュー

ちなみにここの食事はロンドンのパブの平均点よりも上です。パブでこれ以上の食事を求めると、かなり選択範囲が狭まってしまうことも心しておくとよいかもしれません。

■THE NAGS HEAD
住所:10 James Street, Covent Garden, London, WC2E 8BT
電話番号:020-7836-4678
営業時間:月~木 10.00~23:00、金・土 10.00~23:30、日 10.00~22:30
公式HP:http://www.mcmullens.co.uk/nagshead

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。