淡路島へ来ないと食べられない、生しらす丼

生しらす丼

生しらす丼

淡路島というと、3年ふぐ、あわじ牛が有名ですが、実はもうひとつ、淡路島へ来ないと食べられない、生しらすというものがあります。ゴールデンウィークから晩秋まで(とれなくなるまで)、淡路島では生しらすが食べられます。しらすはいたみやすいので、持ち帰れません。淡路島へ来ないと食べられませんので、一度食べてみてください。

たくさんのお店がしらす料理を出していますが、あわじ牛丼と両方たべられること、生しらす丼を食べられる店が2店舗あることで、道の駅あわじを利用しています。

2階の海峡楼では、生しらす丼とあわじ牛丼の両方が食べられます。1階の海鮮館でも生しらす丼が提供されており、こちらは海峡楼より安いです。

■道の駅あわじ
住所:兵庫県淡路市岩屋1873-1
電話:0799-72-0001
URL:http://www.hm.h555.net/~michinoekiawaji/
 
・海鮮館
営業時間:9:30~17:00 (季節によって時間延長)
 
・海峡楼
営業時間:11:30~14:00 17:00~20:30
定休日:木曜日

※データは記事公開時点のものです。
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。