お土産にも、自分用にも買いたくなるような魅力的な作品

 

 

一針、一針、丁寧に糸で布に幾何学模様などの図柄を刺繍して作る「刺し子」。昔は、生地の補強や保温のために施していたものが、色々な地域で工芸品として発達したそうです。

交通の便が発達していなかった頃の、昔の飛騨高山地方では、織物等の入手が困難だったので、女性達が自分の手で織り、染め、白い糸で模様を描くように縫い付ける飛騨刺し子が普及していったとか。この飛騨刺し子を様々なアイテムに施し、昔ながらの刺し子の良さと新しさを融合させた手作りの作品を置いているのが「飛騨さしこ」です。
 

 

白い糸、色の糸が幾何学模様や季節の草花などの図柄を表現した、布小物は手作りの温もりが伝わってくる作品ばかり。生地や糸という優しい素材に、一針一針、縫われた手仕事の刺し子の作品の数々は、ふきんやコースター、小物入れなど色々なアイテムが揃っています。

大切な人への飛騨土産として喜ばれるのはもちろん、自分用にも買って帰りたくなるような、魅力的な作品がたくさん揃っています。

■飛騨さしこ
住所:岐阜県高山市片原町60
電話:0577-34-5345
営業時間:8:30~17:00
定休日:無休(12月中旬~3月中旬)は水曜日定休
HP:http://www.hidasashiko.com/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。