水中に長期間保存した希少なワインを旅の記念に

 

 

ちょっと変わった富士山土産を…という方、「ワインセラー忍野」の湧水ワインを!勝沼ワインを富士の湧き水で熟成させた希少なワインは旅の記念になること間違いなし。お店からは熟成中の様子が見学できます。

山梨県は日本のミネラルウォーター市場で約4割のシェアを誇る名水スポット!富士山のふもとには数多くの湧き水が溢れ、「忍野八海」は国の天然記念物に指定されているほど、高い透明度を誇っています。

「ワインセラー忍野」はそんな忍野の湧水地区にある小さなお店。敷地内には「浅池」と呼ばれる湧き水があり、そこに地元で作られた勝沼ワインなどを保管し、水の中で熟成させています。

 

 

水の中にワインを長期間保存するという手法はかなり珍しいことですが、富士山の湧き水は年間を通して12度から14度と安定している為、ワインを醸すにはピッタリだとか。さらに水中に置くことでワインの天敵である乾燥から守ることができるので、酸化を防ぐにも最適だそうです。

世界的にもかなりユニークな湧水ワインは2200円くらいから。4、5年熟成させたものはラベルがはがれ、水草が付着していることもありますが、余計プレミア感を感じさせてくれます!

■ワインセラー忍野
住所:山梨県南都留郡忍野村内野4587
電話:0555-84-1355
定休日:月曜日(休日の場合は営業の場合も)
営業時間:10時から18時(季節により変動あり)
アクセス:「富士山駅」からバス

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。