チョコレートの神髄が味わえる「パトリック・ロジェ」

 

 パトリック・ロジェのチョコレート


フランスにチョコレートが広がったのは17世紀。宮廷の中からでした。これまでメキシコなどの原産国ではスパイスとして使われてきたカカオでしたが、フランスでは早い段階でお菓子の材料として用いられるようになりました。

アーモンドなどのナッツ類やオレンジなどのかんきつ類をブレンドするなど、斬新なレシピが生まれ、チョコレート職人、ショコラティエと呼ばれる人たちが登場し始めたのもこの頃からです。

現代に至るまでその伝統は受け継がれ老舗と呼ばれるチョコレート専門店がフランスには多く存在します。それだけに、フランスの人たちのチョコレートに対する評価は極めて厳しく、妥協は許されません。

 

 パトリック・ロジェのチョコレート


世界中の良質のカカオがフランスに集中するといわれているだけに、チョコレートのレベルは世界一を誇ります。なかでも現代においてフランスで最も愛されているショコラティエは「Patrick Roger」。彼の作り出すチョコレートは基本に忠実でチョコレートの神髄が味わえます。

パリで買うのなら、いくつかある支店のうち、Victor Hugo(ビクトル・ユーゴ)店がおすすめです。静かな通りに面しているので、慎重なお土産選びには最適です。気になるチョコレートは試食させてくれるので、納得のいくものが手に入ります。おすすめはシンプルな板チョコレート(6ユーロから)。カカオの原産国別に作られたものなので、コーヒー豆を選ぶように、こだわりのひとつがきっと見つかります。

<DATA>
■Patrick Roger(パトリック・ロジェ)
住所:45 avenue Victor Hugo 75016 Paris
電話:01-45-01-66-71 
営業時間:火~土 10:30~19:30
ホームページ:パトリック・ロジェ
その他店舗:Madeleine、Saint Germain、Village Royal 、Village Royal、Faubourg、Rennes

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。