世界一と称されるマロングラッセは一粒6ユーロと大変高価

 

 ボアシエの缶がかわいい


海外の有名店が日本に上陸すれば、それらはたちまち話題となりブームとなります。また、なにより日本価格の設定の高さに驚いてしまいます。どれも気軽に買うには勇気のいる値段です。

老舗が集中していて現地価格でホンモノを手に入れることができるのが、フランスのいいところです。

パリ16区にある創業1827年の老舗ショコラトリー「Boissier(ボアシエ)」。花びらのチョコレートは、日本でもおなじみです。

 

 ボアシエのキャンディー


店内には甘い香りが漂い、色とりどりにラッピングされたチョコレートやキャンディーが陳列されていて、まるでお夢の国にやってきたような気分です。

ショーケースには小さなチョコレートが品よく並べられ、大粒のマロングラッセがその存在感を光らせます。世界一と称されるマロングラッセは一粒6ユーロもする大変高価なものですが、惜しみなく試食をさせてもらえます。

ここでぜひ手に入れたいのは、かわいらしい丸い缶に入ったキャンディーです。長細いフルーツ味のキャンディーで、子供から大人まで贈る相手を選びません。また日持ちもするので、帰国後すぐにお土産を渡せない場合でも安心です。

<DATA>
■Boissier(ボアシエ)
住所:184 avenue Victor Hugo - 75016 Paris
電話:01-45-03-50-77 
営業時間:月10:00~18:00/火~金10:00~19:00/土曜日11:00~19:00
定休日:日曜日
アクセス:地下鉄「Rue de la Pompe(リュー・ドゥ・ラ・ ポンプ)」より徒歩5分
ホームページ:ボアシエ

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。