全部で34の石窟 ヒンドゥー教美術の傑作

 

 

 

インド有数の知名度を誇る世界遺産「エローラ石窟群」。中でも、とくに有名なのがヒンドゥー教美術の代表的存在、カイラーサナータ寺院。カイラーサ寺院とも呼ばれるこの寺院は、ヒンドゥー教美術の傑作であるばかりでなく、インドを代表する芸術です。全部で34の石窟が、シャラナドリ台地の断崖に掘られています。石窟は、ヒンドゥー教以外にも、仏教、ジャイナ教のものが含まれています。

世界最大規模の石窟寺院

 

 

何がスゴイのかといえば、まずその大きさ。ひとつの岩から削り出された石窟寺院としては世界最大規模。幅47m、奥行81m、高さ33mの、いわば巨大彫刻という訳です。完成までに約100年かかったとか。ちなみに、第一窟から第三十四窟までそろう「エローラ石窟群」の第十六窟にあたります。

仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教の石窟が近接

「エローラ石窟群」の魅力は、もちろんカイラーサナータ寺院だけではありません。仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教、3つの異なる宗教の石窟が、シャラナドリ台地の断崖に並んでいるのにも驚かされます。どの石窟もおおよそ5世紀から11世紀の間と、造成時期も近いのだとか。ちなみにその構成は下記の通りです。
仏教:第1窟から第12窟までの12窟
ヒンドゥー教:第13窟から第29窟までの17窟
ジャイナ教:第30窟から第34窟までの5窟

チャイティア建築の傑作

 

 

ところで、エローラの仏教石窟群は寺院と僧院の2種類に分かれていて、寺院はチャイティヤ窟、僧院はヴィハーラ窟といいます。このチャイティヤ窟の最高峰といわれるのが、第10窟のヴィシュヴァカルマ窟。アーチ型の高い天井を持ったホールに、高さ約4.5メートルのブッダ像が鎮座しています。これも、ぜひ見ておきたい寺院です。

■エローラ石窟群
住所: Ellora, Aurangabad,Maharashtra,India
料金:Rs250
アクセス:アウランガーバードからバスで約1時間
HP:http://www.maharashtratourism.gov.in/mtdc/HTML/MaharashtraTourism/TouristDelight/Caves/Caves.aspx?strpage=ElloraCaves.html(マハラシュトラ州観光開発公社)

※データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。