日本人が経営の安心できるお店

 

 

ブエノスアイレスで肉食に疲れたら、やはり恋しくなるのが日本食…。ランチタイムに入ったのが、「入り船」というお店です。ビジネスエリアの中にあるため、ワイシャツ姿の男性の姿(日系ではない、地元の方々?)が目立っています。

 

 

日本人が経営しているお店だそうで、お料理はどれもなかなかのお味!今回いただいたのは、お寿司の盛り合わせ。可愛いサイズの船盛りで出てきました。サーモンが好きなので、サーモン中心のお寿司が入ったものをチョイス。南米で食べるサーモンは、産地チリが近いせいか、いつも脂がのっていてコクがあってとても美味しいのです。そしてここのお寿司は、シャリがつやつやと非常にいい炊き具合で好印象でした。いいお米を使っているのでしょうね。

 

 

天ぷらもご覧のとおり、美しく円錐型に盛りつけられています。衣の付き具合もバッチリで、天つゆも上品なお味です。サクサクと揚げたてを美味しくいただきました。

嬉しいことにラーメンもありました。やや麺が茹ですぎの感はありましたが、ここはアルゼンチンですもの。十分のクオリティでしょう。全体的に安くはありませんが、落ち着いた雰囲気で気持ちよく食事ができるのは大切なポイント。こういうお店を知っておくと、なんとなく安心できますよね。


◆IRIFUNE 入り船(いりふね)
住所:Paraguay 436-C1057AAD Buenos Aires, Capital Federal,Argentina
電話:+54-11-4312-8787
営業時間:月~木 12:00~00:30/金土 12:00~1:00
定休日:日曜
公式サイト:www.irifune.com.ar/

※データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。