「セガンティーニヒュッテ」から見る渓谷の景色は圧巻

 

 

 

 

スイスといえば、マッターホルンやアイガーでのハイキング! もちろんそれらの山々はとても美しく、ハイキングコースとしても有名なのですが、スイス南東部の街サンモリッツ周辺のハイキングコースもとっても素敵なんですよ。

今回は、その中でも私のお勧めのコース【ムオタスムラーユ~セガンティーニヒュッテ ハイキング】をご紹介したいと思います。

まずサンモリッツ駅から電車でサメーダンあるいはポントレジーナヘ向かいます。電車を降りてプントムラーユ駅舎からすぐのケーブルカーで外の景色を堪能しながらムオタスムラーユへと上り、画家ジョヴァンニ・セガンティーニ(Giovanni Segantini、1858年1月15日 - 1899年9月28日)が過ごした山頂のヒュッテを経由し、ポントレジーナへと下るルートがこちらのコースの道順です。

歩行距離約7km、高低差400m、所要時間が4時間前後の中級コースです(もちろん初心者の方でもゆっくりと進めば楽しめるコースです)。

こちらのコースの見どころが、「セガンティーニヒュッテ」です。

標高2731mの場所にあるこちらのヒュッテ(小屋)は、イタリアの画家セガンティーニが晩年暮らしたとされています。彼はアルプスの素晴らしい風景に魅せられ、それを題材とした絵画を残し、アルプスの画家として多くの人々に知られています。

現在ではこのヒュッテは一般の登山者を対象に軽食やドリンクを提供しており、このヒュッテからみる渓谷の景色は圧巻の一言。大自然によって作りだされたU字谷を堪能しながらのランチがお勧めです。


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。