スペイン・ムーア様式のシナゴーグ

 

 

プラハにはかつてユダヤ人ゲットーがあり、その名残で今も多くのシナゴーグが残っています。シナゴーグというのはユダヤ教徒の祈りの場、教育の場、文化行事を行う場で、この「スペイン・シナゴーグ」はプラハで最も古いシナゴーグを取り壊し、新たに1868年スペイン・ムーア様式で建て直されたもの。

スペインのアルハンブラ宮殿を模したデザインからスペイン・シナゴーグと呼ばれるようになり、ふんだんに黄金があしらわれ、至るところに施されたアラベスク模様や、鮮やかなステンドグラスに彩られた内装は豪華絢爛。

残念ながら内部の写真撮影は禁止ですが、このスペイン・シナゴーグはコンサートホールとしても有名で、月の半分以上はユダヤ音楽やクラシック音楽のコンサートが開かれているので、ただ入場料を払って内部を見学するよりは、音楽を堪能しながら内部の美しい装飾を目に焼き付けてくる方がお得かなと思います。

■スペイン・シナゴーグ
住所:Vezenska 141/1 Praha 1
電話:+420 224 819 464
拝観時間:10月27日~3月29日9:00~16:30/3月31日~10月25日9:00~18:00
定休日:土曜日、ユダヤ教祝日
拝観料:大人 300CZK/学生 200CZK/6歳未満 無料
(ロバート・グットマン美術館と共通観覧券)
アクセス:Staromestska(メトロA線)から徒歩5分
URL:http://www.jewishmuseum.cz/

※データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。