デンマークのコペンハーゲン
ニューハウン

ニューハウン

ニューハウン

ニューハウンは、コペンハーゲンを網の目のように通う運河に作られた港です。市街地の中心部に位置するコンゲンス・ニュートーゥ広場に隣接しています。「ニューハウン」とは、デンマーク語で「新たな港」を意味しています。

市街地がどんどん拡大する中で、1671年から開始された工事は1673年に終了しました。幅30~40メートル、長さ400メートルにわたって運河が掘削され、小さな港が完成しました。

開港当時は、運河を行き交う船で運ばれた貨物が盛んに荷揚げされ、活気が満ち溢れていました。現在では、運河に沿った北側の通りに、カラフルな色彩の木造建築のレストランが軒を連ねています。

かつては、長い航海を終えた船乗りたちが、船上での疲れを癒す居酒屋街となっていました。夏には路上にもテーブル席が設けられ、数多くの人が運河を吹き抜ける爽やかな風を感じながら、食事を楽しんでいます。

レストラン街の一画には、アンデルセンが暮らした住居が残され、壁には彼の名前と来歴を刻んだ石板が嵌め込まれています。アンデルセンはニューハウンを愛し、このエリアの中で3度の住み替えをしました。

路上のテーブルでゆっくりと食事をしていると、オリジナルのおとぎ話が頭に浮かんでくるかもしれません。

■ニューハウン
・住所:1051 KØbenhavn
・公式HP:http://www.nyhavn.com/

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。