ショッピングと大道芸が楽しい歩行者天国「ストロイエ」

ストロイエ

ストロイエ

ストロイエは、いつもにぎやかなコペンハーゲンの目抜き通りです。常時、歩行者天国になっていて、通りの両側には多くのショップやカフェ、レストランが並んでいます。あちこちに大道芸人もいて、通行人たちを楽しませています。

コペンハーゲン市庁舎前の広場から、コンゲンス・ニュートーゥ通りにかけてのびている通りが、ストロイエ。厳密に言うと4つの通りと3つの広場の総称ですが、「ストロイエ」の名で親しまれています。ストロイエとは、デンマーク語で「歩くこと」という意味。そう、この通りの特徴は、車両が通れない歩行者天国である点なんです。だから落ち着いてショッピングや散策を楽しむことができます。

ショップの中にはグッチやルイ・ヴィトンといった世界的なブランドの店もありますし、銀製品のジョージ・ジェンセン、陶磁器のロイヤル・コペンハーゲンといった、デンマークのブランド店も。どちらの店内も観光客でにぎわっています。

ストロイエの大きな楽しみの一つが、大道芸の見物。通りのあちこちに思い思いの格好をした芸人たちが、それぞれに個性的なパフォーマンスを見せていて、一つひとつ見て歩くだけでも散策に飽きません。カフェで、デニッシュの本場、デンマークのパンを食べながらひと休みするのもおすすめ。

夏の夜は深夜になっても明るいコペンハーゲン。この通りも、遅くまでずっとにぎわっています。

■ストロイエ
・住所:Stroget,1100 Kobenhavn

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。