ユニークで近代的な外観 「オペラハウス」

オペラハウス

オペラハウス

コペンハーゲンの海に面するホルメン地区に、2005年1月にオペラハウスがオープンしました。デンマークを代表する建築家ヘニング・ラーセンによって設計された建築は、ユニークで近代的な外観をもっています。

アマリエンボー宮殿から運河を挟んだ正面に、ガラスでくるまれた建物が建っています。入口から劇場内に入ると、ホワイエには天井から数々の球体がぶらさがり、どこかの宇宙空間に迷い込んだような気分になります。

観客席の天井には、24金のゴールドリーフが10万5000枚も使われた装飾が施されています。4億4000万ドルにも及ぶ巨額の費用が費やされたと言われています。

建築の外観、内装ばかりではなく、オペラ劇場では最も重要な要素である音響効果においても、ワールドクラスの設計が実現されています。観客席の全席約1500席に、まろやかで繊細な響きが伝わります。

毎日バラエティーに富んだオペラ作品やバレエ作品の公演が行われています。行き帰りに水上バスを使うと、他の都市では体験できない、不思議なオペラ体験をすることができます。

■オペラハウス
・住所:Ekvipagemestervej 10, KØbenhavn
・電話:33-696933
・公式HP:http://kglteater.dk/

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。