コペンハーゲンで最も高い105.6mの塔がそびえ建つ

 

 

コペンハーゲンの中心街を走り抜けるアンデルセン通り沿いに、赤レンガ造りで堂々とした外観をもつコペンハーゲン市庁舎が建っています。現在の建物は市庁舎として、6代目にあたり1905年に建築されました。

北イタリアのルネサンス様式と中世のデンマーク様式が、バランスよく融合された建造物です。正面左手には、コペンハーゲンでは最も高い105.6mの塔が青空に向かってそびえ建ちます。市の条例で、市庁舎の塔より高い建物の建設が禁止されているため、未来永劫、コペンハーゲン1の高さが維持されます。

塔からはコペンハーゲンの街並みが一望でき、絶好のビュースポットとなっています。ガイドツアーで館内を見学することができます。

正面玄関を入るとすぐ右に、イェンス・オルセンの天文時計が設置されています。300年に0.4秒の誤差しか生じないという精巧さで長年、時を刻み続けています。この天文時計で自分の腕時計を正確に合わせると、旅のスケジュール管理はバッチリです。

堂々とした建築は日中の青空に浮かぶ姿ばかりでなく、夜にライトアップされた姿も絶景です。


■コペンハーゲン市庁舎
住所:RÅdhuset 1, 1550 KØbenhavn
TEL:33-662582
営業時間:8:00~17:00
定休日:土・日曜日

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。