ポーランドの庶民の味方 「ミルク・バー」

ミルク・バー

ミルク・バー

ミルク・バーと聞いて、思わず色んな牛乳を提供する店? と不思議に思った方も多いでしょう(私もその1人)。実際にミルクは牛乳のことなんですが、牛乳専門店ではなく、セルフサービス方式の昔ながらの大衆食堂のこと。

壁に貼りだされているメニューを見て注文し、会計を済ませた後、別のカウンターで料理を受け取るという流れなんですが、店によっては好きな料理を選んでお盆に載せ、レジで精算するカフェテリア方式を採用しているところもあるらしく、その辺りは臨機応変に対応してください。

さて、庶民の味方というからにはメニューはすべて激安で、日本円にして300円くらいでお腹いっぱい食べられます。味も美味しく、手軽にポーランド料理を味わえるのでお勧めです。

但し、長年ポーランドで親しまれているということは観光客相手ではないということ。すべてのミルク・バーを見て回ったわけではないので、一概には言えませんが、基本的には英語が通じないと思った方がいいでしょう。

上記に書いたカフェテリア方式の店の場合は問題ないですが、それ以外の場合は事前にポーランド料理を調べて、予め食べたい料理名を紙に書いておき、注文する際にそれを見せれば、注文時に慌てなくて済むと思います。

■Bar Mleczny “Familijny”
・住所:ul. Nowy swiat 39, 00-029 Warszawa
・電話:+48 (0)22 826 4579
・営業時間:【月~金】7:00~20:00、【土・日】9:00~17:00
・定休日:無休
・アクセス:バス停「Ordynacka」から徒歩2分
・URL:http://www.poliszcity.pl/warszawa/view.php?what=137

※上記データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。