おいしくて美容効果もあり
Kernöl Kürbis「パンプキンシードオイル」

Kern?l K?rbis (パンプキンシードオイル)

Kern?l K?rbis (パンプキンシードオイル)

オーストリアの食料品店に、当たり前のように置いてある「パンプキンシードオイル」。かぼちゃの種からできた植物性オイルです。

抹茶を水で溶いたような深緑色をしていて、最初はぎょっとしてしまうかもしれませんが、まるでハーブやガーリックにつけ込んだようなフレーバーたっぷりのおいしさは、一度味わってみるとすぐに病みつきになると思います。

ゴマ油級の香ばしさがありながら、アクの強さやクセはなく、万人に好まれる味。「美食の国」とまで言われるようになった日本で、なぜこのオイルがもっと広まっていないのか不思議です。

サラダ等にかけて生で食べるのがおすすめ。ドレッシングとして使うようになると、一瓶があっという間になくなってしまいます。

ビタミンEやリノール酸、オレイン酸などの必須脂肪酸が豊富で、栄養価が高く、健康や美容面の効果も期待できるのだとか。

値段は一般的なオイルに比べて少し高めですが、オーストリアのスーパーに必ず置いてあり、瓶が小さめで、旅行中に手に入りやすいので、お土産としてちょうど良いと思います。

■Kernöl Kürbis(パンプキンシードオイル)
・購入先:オーストリア内のすべてのスーパーや食料品店

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。