オーストリア料理の基本
MÜllerbeisl Restaurant「ミューラーバイスル」

ミューラーバイスル

ミューラーバイスル

「ミューラーバイスル」では、オーストリア人が普段食べている伝統的な郷土料理を、手頃な値段で食べられるレストランです。

木のぬくもりを活かした店内は少し照明を落としてあり、明るすぎず、落ち着ける雰囲気。親子づれや会社帰りのサラリーマンがくつろぎにやってきている様子で、ビールやワインを飲みながら楽しげに談笑しています。

おすすめメニューは、レバーのお団子が入ったスープや、ウィーン風のビーフシチュー、カリカリのフライドオニオンを乗せた牛肉のソテーなど。どれを食べても、塩からすぎず、脂っこすぎず、どこかで食べたような素朴な味わいで、一通り食べてみると「オーストリア料理は、日本人の口に合う」という結論がでるはず。

グラスワインを1杯ずつ頼み、お肉やじゃがいもが中心のボリュームたっぷりのお料理を食べ終えると、デザートが入らないほどおなかいっぱいになりましたが、お値段は一人当たり2000円ぐらいでした。

「ミューラーバイスル」は、オーストリアの家庭の味を覚えるのにちょうどいい、基本のレストラン。ウィーンに到着したら、真っ先に訪れてほしいお店です。

■MÜllerbeisl Restaurant(ミューラーバイスル)
・住所:1010 Wien Seilerst?tte 15
・電話:+43 1 512 9347
・営業時間:9:00~20:00 
・アクセス:地下鉄Stadtpark駅下車 徒歩5分
・URL:http://www.muellerbeisl.com/

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。