幻のエーデルワイスを探しに「ラックス高原」へ

ラックス高原

ラックス高原

オーストリアの国花、エーデルワイス。その名前は世界的にあまりにも有名ですが、エーデルワイスは高山植物で、限られた場所に、限られた期間しか咲かない珍しい花。しかもとても目立たないので、咲いているはずの時期に、あるはずの場所を探してもなかなか見つからないのです。たとえオーストリア人でも、本物を見たことのある人はあまりいないのだとか。

エーデルワイスと呼ばれる花は日本の北海道などにも存在しますが、同じ品種のものはないので、よく似たものをそう呼んでいます。

その幻とも言える本物のエーデルワイスに遭遇するチャンスがあるのが、ウィーンから南西へ100キロほどの位置にある、ラックス高原です。

ラックス高原は、地元の人に人気のハイキングコース。まずは麓のロープウェーから標高1570mの高さまで登り、そこから徒歩で1時間ほどのコースをまわります。

エーデルワイスの咲く時期は、8月中旬から9月上旬ごろですが、年によって多少ずれるので、あとは運に任せるしかありません。

エーデルワイスは、まわりに草木のない平らな場所に、へばりつくようにして低く咲いています。時期を狙ってラックス高原に登り、乾いた平地をじっくりと探せば、きっと見つけられると思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。