多用途に使える、大判の布「Canga」

Canga

Canga

アジアンリゾートやハワイでは、「パレオ」と呼ばれているかもしれません。女性が水着の上に羽織ったり体に巻きつけたりする、薄手のカラフルな大判の布のことを、ブラジルでは「Canga(カンガ)」と呼びます。

扱いやすさがポイント

リオやサルバドール、レシフェなど、海沿いのビーチタウンならどこにでもある、非常にポピュラーなグッズです。折りたためばとても小さくなり、薄くて軽いので扱いもラクラク。くるくる巻いてリボンで結べば、すぐに可愛いプレゼントに変身します。

お気に入りの色・柄を

注目すべきは、そのカラフルでバラエティ豊かなデザイン! たとえばブラジル国旗をモチーフにした、黄色と緑を中心とした色使いのものだけでも数種類あります。そのものズバリの国旗柄もあります。あとは基本的に、ご当地柄シリーズが中心となっています。

リオ・デ・ジャネイロで人気なのは、コパカバーナビーチ沿いの白黒デザインの舗道をデザインした柄。石畳の雰囲気をうまくデザイン化し、色合いもモノトーンであることから非常に使いやすいと思います。また、代表的観光スポットであるキリスト像やポン・ヂ・アスーカウをあしらったものも人気がありますね。

サルバドールなら、ボンフィン教会のフィッタ(リボン)をモチーフにしたものがお勧めです。渦巻き状にリボンが丸く配置されたデザイン、直線的に並べられたデザインなど、同じモチーフでもその表情は全く違ってきます。カポエイラの少年を描いたもの、白いドレスのバイアーナ女性をデザインしたものなども、サルバドールならではのカンガと言えます。

広げて、巻いて確認しよう

購入する時は、ぜひ大きく広げてデザイン全体を確かめましょう。そして、使い方に応じて色合いを決めましょう。ベッドやソファのカバーにしてもいいでしょうし、ビーチでの敷物にしてもいいですよね。そして水着の上から羽織ったり腰に巻いてスカート風にするのは、やっぱり定番ですが本当に便利。見ているだけでブラジルを思い出せるデザインですから、自分への記念としても最適なのです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。