カラフルなラバー靴と言えば「Melissa」

Melissa

Melissa

いまでは日本の百貨店やセレクトショップなどでも扱われるようになった、ブラジル発のラバーシューズブランド、Melissa(メリッサ)。ファンならずとも、シーズンごとに表情を変えるカラフルで独創的なデザインの靴を見るのは、実にブラジルらしくて楽しい経験なのです。

フラッグシップは必見

全国各地のショッピングモールに、Clube Melissa(クルービ・メリッサ)という店名で出店しています。が、もしサンパウロに滞在しているなら、ぜひメリッサの旗艦店を訪れてみて下さい。定期的に入り口のディスプレイが変わり、それが実に前衛的で個性的でオシャレなのです。メリッサを知らない人でも、その外観に思わず目を奪われ、足を止めてしまう。そんな、一つの名所として今や知らない人はいないほどの存在感です。私が訪れたときは、付箋メーカーのPost Itとのコラボレーションで、壁一面にポストイットが貼り付けられていました。

梅雨にピッタリ

靴のデザインは実にさまざま。夏らしいサンダルや、カンパーナデザインのメッシュのバレエシューズなどは定番の人気です。日本では梅雨の時期に活用できる、おしゃれで個性的なデザインのレインシューズも豊富です。パーティなどで活躍しそうなハイヒールも、日本にはない色があったりして、つい目移りしてしまいます。

ブラジルのサイズ

気を付けるべきはただ一つ、サイズです。中には、JPN23などと、日本の23cmを意味する表記がある靴もありますが、基本的にはブラジルサイズ(BRA)で表現されます。なお、BRA38=24.5~25cm、BRA37=24.0~24.5、BRA36=23.5~24.0、BRA35=23.0~23.5、BRA33/34=22.5~23.0となります。デザインによっても微妙に大きさが違いますので、ベストは自らためし履きすることですね。お土産に選ぶなら、やはりつま先が開いたサンダルタイプが、サイズ的には融通が利きやすいのでオススメです。

◆Clube Melissa
公式サイト:http://www.melissa.com.br/clube-melissa
◆Galeria Melissa(旗艦店)
Rua Oscar Freire, 827 SÃo Paulo
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。