サルバドール名物の貝料理を味わおう

Lambreta(ランブレッタ)

Lambreta(ランブレッタ)

ブラジルにはあまり貝料理がありません。というのも、あまり取れないんですね。時々、ムール貝(メシリャオン)の料理がありますが、あまりポピュラーではありません。

でも、北東部の沿岸、サルバドールには名物の貝があります。アサリのようなこぶりの貝ですが、ブラジルの他の地域では見られないご当地食材なのです。その名はLambreta(ランブレッタ)。

日系シェフが生み出した貝料理

これを上手く創作料理に仕立てているのが、日系人のシェフが創業したお店、Recanto da Lambreta(ヘカント・ダ・ランブレッタ)です。今はそのシェフは別の場所でやっているのですが、美味しさはのちのスタッフに引き継がれ、美味しいランブレッタは健在です。

パンにもぴったり! の各種ソース

鉄板にのったランブレッタの上に、ニンニクソース、カレーソース、ピザソース、ネギソースなど、シェフオリジナルのトッピングソースをかけ、アツアツにグリルされたこの料理。どのソースも絶妙な味付けで、次々に口に運びたくなります。小ぶりなので、いろんな味を楽しめるのも嬉しいポイント!

魚も肉も美味しい

こちらのお料理、美味しいのは貝だけではありません。その日の新鮮な魚介類を使ったシーフード料理(シンフォニアがおすすめ)や、上質なアルゼンチンビーフを使ったステーキなどもハイレベルな美味しさです。それらの料理と、細めのスパゲティを使ったアーリオ・オーリオが実によく合います。

場所は、ホテル・ペスターナやメルキュールがあるRio Vermelho(ヒオ・ベルメーリョ)地区の、観光スポットからは少し離れた坂道の上の方にあります。観光客と言うより、地元のグルメたちがよく訪れる、穴場的レストランと言えましょう。カジュアルな気取らない雰囲気も、地元感にあふれていて、心地よいのです。

◆Recanto da Lambreta
Rua Alexandre Gusmao, 70 | Rio Vermelho, Salvador
Tel 71 3334-7598
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。