ブラジルのカニはどんなカニ!?
Boa Vista

Boa Vista

Boa Vista

あまりイメージがわかないかも知れませんが、実はブラジルではカニを食べるんです。沿岸の町ではどこでも割とポピュラーな食材として親しまれています。

可愛いサイズのカニ

カニの種類は「カランゲージョ」というもので、大きいものでも大人の手のひら程度のサイズ。まぁ小ぶりと呼んでいいようなサイズのカニが、折り重なるように4匹、皿に盛られて来ました。上にはタマネギとトマトの蒸し焼き炒めのようなものがたっぷりかかっています。日本のカニとは、もうこの時点でだいぶ様子が違っていますね。

個々人で叩き割る!

驚くべきはその食べ方。なんと、一人に一個、木づちとミニまな板が用意されます。やや勇気がいりますが、周りもみんなやっているしと、意を決してゴンゴンと力強くかち割りました。すると、意外と軽く砕けるんです。

レモンとの相性が抜群

中身は、日本で食べる毛蟹などを想像してはいけません。申し訳程度で、やや物足りない感触です。でも味はなかなかのもので、ぎゅっとレモンをしぼればビールのおつまみにピッタリのお味!

何より楽しいのが、あっちでゴンゴン、こっちでゴンゴン。どのテーブルでも、いい大人が楽しそうにおもちゃでも扱うように、カニを砕いているのです。ちょっと日本では見られない、ブラジルならではのカニのシーンですね。

シーフードもいろいろあります

カニだけではなく、殻付きムール貝をタマネギと一緒に蒸したものや、おつまみに最高の、エビのアーリオオーリオ(にんにく炒め)など、海の幸のバラエティも豊富。それらが、サンパウロのシーフードレストランよりずっとリーズナブルな価格でいただけるのが魅力なのです。


■Boa Vista
Rua Onze de Junho 140 ,Boa Vista, Sao Vicente, SP, Brasil
Tel +55 13-3468-3062
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。