エメラルドグリーンの美ビーチ、マセイオ

マセイオ

マセイオ

ブラジルご自慢のビーチタウンの一つ、アラゴアス州の州都maceio(マセイオ)は、とにかくその美しい海の色がたまりません。沿岸部の海がどこも同じ……と思ってはいけません。砂浜の色、海の色、朝日の海、夕日の海などなど、それぞれに特徴があります。マセイオのエメラルドグリーンに輝く海の色は、他では見られない、ここだけのもの!

州都でありながらその規模はとても小さく、のんびりとした地方都市の風情が漂うリラックスタウンです。大都市にありがちな、治安の悪さにピリピリして過ごす日々と言うより、美しい自然に抱かれてゆっくりくつろげる町なのです。(もちろん、最低限のスリ対策などはブラジルのどこに行っても必要ではありますが)

帆掛け船で行く、沖合の天然プール

一番の人気アクティビティは、帆掛け船(jangada、ジャンガーダ)に乗ってのんびり海上散歩。行先は、沖合に出現する引き潮時だけのお楽しみ、Picina natural(ピッシーナ・ナトゥラウ)です。干潮時の前後1時間程度だけがジャンガーダの運行時間となるので、その日の引き潮時間をチェックした上で海に向かう必要があります。日々刻々と時間が変わるので、宿のフロントなどで毎日確認するのが良いでしょう。

見た目も情緒あふれる帆掛け船。モーターを持たず、風の力と水分パワーで走る船は、のんびりと滑るように海を進みます。15分ほどで現れる天然プールは、海の真ん中に現れた水族館のよう…。クリアな海の中を覗けば、きれいなネオンブルーの小魚や、ウニの大群が見えてきて楽しさ満点です。1時間半ほどの滞在時間ですが、あっという間です。

できれば冬は避けて

ちなみに、年中暑いマセイオではありますが、海の輝き・色の美しさは季節によって差が出てきます。ブラジルの冬である6月~8月は、期待するほどキレイではない……とガッカリすることもあるそう。やはり、11月~3月頃の夏がベストシーズンと言えそうです。

■アラゴアス州観光局によるマセイオ公式サイト
・URL:http://www.turismo.maceio.al.gov.br/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。