キューバ有数のリゾート地「バラデロ」

 

 

 

 

この写真、いつ撮ったと思います? なんと年末もおしせまる12月28日です。

なにしろこのバラデロは、寒い欧州からもたくさんの観光客が滞在する、海と日差しを楽しめるキューバ有数のリゾート地です。基本みなさんビキニ。そしてサングラス。その上にうすい上着をはおる程度です。

バラデロは、ハバナから車で約2時間。定期的にハバナなどからバスが出ており、ホテルのコンシェルジュなどで予約できます。

しかし、実はバラデロに到着した日は、こんな写真のように良い天気ではなかったのです。お昼前、ホテル到着直後。みる間に空に雲がひろがり、日はかげり。もとから強かった風が勢いをましてふきつけてきました。

それでもと、水着に着替えて果敢に海に入ったものの……温かい飲み物で暖をとる始末。朝、ハバナのホテルをでる時は、あんなに晴れていたのに。道中のトイレ休憩場所では、キーンと冷えたりんごにかぶりつき、太陽のまぶしさに日陰にはいる猫を激写したっていうのに。

12月末とはいえ、ここは南国、リゾート地。明日こそ、明日こそ晴れさせてくれ。無情にも落ちる夕日に向かって、神様に向かって、祈りました。

そして翌日。青い海は裏切りませんでした。晴れました。神様、ありがとう。感謝して、遊びました。

砂浜ではビーチバレーなんぞもはじまり、すっかりリゾート気分です。ボールを追う人々を横目に、カフェテリアで調達したハンバーガとポテト、ビールでランチです。泊まったホテルは、滞在中の費用が宿泊費に含まれるオールインクルージブ方式ですから、お財布いらずです。

あぁシアワセ……。海辺でとろりと過ごしているうち日は落ちてゆき。バラデロでの楽しい一日は終わりました。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。