人口500人ほどにもかかわらず「市」である「デュルビュイ」

 

         デュルビュイ

ベルギー南部ワロン地方に位置する町durbuy(デュルビュイ)は「世界一小さな町」として知られる観光地です。アルデンヌ丘陵の森の中にひっそりと佇む町にはウルト川が流れ、町のシンボルであるデュルビュイ城がそびえます。その風景はヨーロッパらしい美しさにあふれています。

なぜ“世界一小さな町”と呼ばれるかというと、デュルビュイは人口500人ほどにもかかわらず、市なんです。1331年に、この地を気に入ったリュクサンブール伯ボヘミア王ジャン1世が市の称号を与えたのだそう。

石畳の細い小道の脇には昔ながらの石造りの家が立ち並び、まるで絵本の世界にいるよう。中世の頃からほとんど変わらない町並みが現存しています。歩ける範囲のあちこちにカフェや雑貨店などがあり、散策するのが楽しかったです。

また、デュルビュイは美食の町としても有名です。アルデンヌ料理の高級レストランもあり、「ル・サングリエ・デ・ザルデンヌ」には、日本の皇太子ご夫妻も訪問されたそうです。高級レストランに手が届かなくても、人気のコンフィチュルリー(ジャム専門店)や地ビール「マルクロフ」などを味わうことでも十分に楽しめます。かわいい町にぜひ出かけてみてください。

<DATA>
■デュルビュイ
・ブリュッセルからのアクセス:
ブリュッセル中央駅→バルヴォー駅
ベルギー国鉄IC(インターシティ)とL(ローカル)で約2時間20分
※マルロワで乗り換えあり
バルヴォー駅からタクシーで10分(シャトルバスが運行している時期もあり)
・ホームページ(ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル):デュルビュイ

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。