「Vinacafe」のインスタントコーヒーでベトナム気分を満喫

 

 

べトナムはフランスの植民地時代の名残りでカフェが多く、コーヒー文化が根付いています。

ベトナムコーヒーといえば、アルミやステンレスの組み合わせフィルターを使い、少しずつ抽出するスタイルがおなじみですよね。そして、カップではなく透明のグラスにコンデンスミルクを注ぎ、その上に濃いコーヒーを落としていただくのが定番だと思います。濃くて甘いコーヒーは旅行中の歩き疲れた体を癒し、クセになるものです。

フィルターはお土産として購入することもできるので、自宅でベトナムコーヒーを楽しむことも容易ですが、抽出に時間がかかるのでちょっと面倒……。そんな時はインスタントコーヒーでベトナム気分を再現してみましょう。

以前は外資系のインスタントコーヒーがよく飲まれていたそうですが、最近はベトナム人の好みに合わせたVinacafeが好まれているようです。Vinacafeのインスタントコーヒーはベトナム式の濃いコーヒー。ほどよい苦味とコクがあり、あまり酸味は感じません。そのまま飲んでもいいのですが、やはりコンデンスミルクと合わせてベトナム気分を楽しむのがおすすめです。

ベトナムのスーパーなどでリーズナブルに手に入れることができると思うのでチェックしてみてください。1回分の小袋入りなのでばらまきお土産にもいいかもしれません。ほかに、コーヒー・砂糖・ミルク入りの3inインスタントもあり、ベトナム人に好まれているそうです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。