甘さは全く気にならない素朴な味わいの美味しいおやつ

 

 ローティー・サイマイ

バンコクの屋台で見かけるポピュラーなおやつ「ローティ・サイマイ」。クレープのような皮(ローティ)に、わた飴(サイマイ)がくるまれているプレープのようなお菓子です。

ローティは絹、サイマイは生地を表す意味で、ほっかほっか焼きたての生地に包まれたわた飴がちょうどいいくらいに溶けて、甘さが口いっぱいに広がります。さっくりとした歯ごたえで、見た目と想像をはるかに超えた新食感です。

 

 クレープとわた飴

 

 

バンコク市街地では手のひらサイズのものが主流ですが、実はこれはアユタヤ名物。本場アユタヤでは顔の大きさほどもある大判の生地で作られるものが多いです。

一見、甘ったるいんじゃないかと思いがちですが、一口食べるとあら不思議、甘さは全く気にならず、素朴な味わいが後を引きます。

灼熱の太陽のもと、奪われた体力回復にも最適です。また、スパイシーなタイ料理の合間に、ローティー・サイマイの甘さが心地いいです。ローティー・サイマイを食べれば、あなたもきっとタイ通です!

■Rotiisaimai BangImron(ローティーサイマイ・バンイムローン)
住所:Wat Yai Chaimonkon Street, Ayutthaya
電話:085-812-4288 
営業時間:24時間営業
定休日:なし
備考:バンコク市街の屋台でも食べられます。

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。