創業100年以上という老舗も多い街

 

 

「南京東路」(ナンジントンルー)は上海を代表する観光ストリートです。
ショッピングに食事に観光にと、上海を訪れる方なら一度は必ず足を運ばれると思います。南京東路は、ただにぎやかな繁華街なのではなく、創業100年以上という老舗も多い街で、由緒ある建築が多いのも特徴です。1851年から繁華街としてはじまり、上海の歴史を語る上で外せない街のひとつです。

いつ行っても地元の人に観光客にと絶えず人の流れの激しい街でもあります。
でも歩行者天国になっているので車を気にせず歩けます。日本では見ない小さい電動カート(片道2元)なるものがあり(チンチン電車を小さくしたような乗り物)、旅の思い出に乗ってみるのもいいかも。

深夜まで煌煌とイルミネーション輝くスポットではすが、注意したいのは客引きや詐欺被害。客引きや気軽に声をかけてくる中国人には気をつけてください。

戦前の面影が残るエリアや地元の人の居住地エリアも

人民広場を少し外灘のほうに進んだエリアは、老舗デパートや古い建物がぎっしり。
ホテル「東亜飯店」が入る「上海時装商店」、1918年創業のデパート「永安百貨」など、すべて築100年近い建物なんです。もともと戦前の上海はとてもインターナショナルな港で、世界各国の文化がひしめく最先端の土地でもありました。現在のチャイナパワーを後押しするように、当時の面影が残っています。

ストリートははるか先の街までずっと続いていて、足に自信がある人は、端から端まで歩いてみるのもおすすめです。大きな商業施設の裏手には、地元の人の居住地があり、観光客は中には入れませんが外に無造作に干された洗濯物の風景などが、中国の雰囲気を感じさせます。

南京東路の一帯にはホテルもたくさんありますが、おすすめは人民広場すぐの「ルロイヤルメリディアン」です。スターウッド系列の5つ星ホテルで、日本人スタッフが常駐。2006年オープンでまだまだ新しく快適に過ごせます。何より大変便利な場所にありますし、夜遅くまで南京東路で遊んでも安全に帰れますので、おすすめです。

■南京東路(ナンジントンルー)
住所:上海市南京東路
アクセス:地下鉄1、2、8号線「人民広場」駅19号出口/地下鉄2、10号線「南京東路」降りてすぐ

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。