上海で一番人気の記念撮影場所!

 

 

上海に来たらばまずは『外灘』(ワイタン)へ!風変わりなタワーをはじめとする高層ビル群に、色とりどりのイルミネーション。上海といえば誰もがまず思い浮かべる風景ではないでしょうか。昼と夜でまた違った顔を見せるエリアなので、ぜひそれぞれの時間帯に訪れてみてください。

まず、川沿いのデッキ「外灘遊歩道」を歩きましょう。記念撮影や、陸家嘴の高層ビル群を眺めるにはもってこいの歩道です。デッキの下にも長い歩道があり、ここは外灘を周囲に並んでいるたくさんの歴史建築群を建築鑑賞目線で眺めながら歩くのにぴったりです。

このエリアは、フランスやアメリカなど列強各国の「租界」が多く造られた場所で、租界自体は第二次世界大戦終戦以降なくなりましたが、当時の建築が今もなお荘厳な風格と共に外灘の歴史を伝えています。日本でいえば丸の内エリアのような、立派な石造りの古い建物がずらりと並び、また各国の様式美が表現され、異国情緒たっぷりです。

夜は見事なイルミネーション。
おそらく観光客向けにサービスされているものだと思いますが、ぜひ見て頂きたいですね。デッキの上では軽食の販売や、写真撮影などもありますので、心地よい風に拭かれながら、お散歩してみてください。

■外灘(ワイタン)
住所:上海市中山東一路 (外灘)
アクセス:地下鉄2、10号線「南京東路」駅から徒歩約10分

※データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。