1920~30年代に建てられたモダンな雰囲気の 「石庫門住宅」 を修復し、旧フランス租界の街並を再現した 「新天地」。石造りの頑健ながら風情ある建物を生かし、たくさんのショップやレストランによって、新たな上海の名所としてにぎわっています。
オープンは2001年と、実はもう10年以上たつのですが、今なおピカピカ。広い土地を贅沢に使った低い建物が密集していて、なかなか日本でもお目にかかれない雰囲気。本当にここはヨーロッパかと見まごうくらいにオシャレなので、上海のパワーに感心します。(東京の代官山のようなイメージでしょうか)

新天地は、「北里」と「南里」の2つのエリアに分かれています。
北は「太倉路」、東が「黄陂南路」、南が「自忠路」、西は「馬当路」と、4つのストリートに囲まれた長方形の敷地になっています。北里と南里を分断するように「興業路」というメインストリートが通っています。

興業路をはさんで南側が「南里」と呼ばれるエリア

L字型の複合ビルを中心に人気店が詰まっています。日本にもある有名ブランド店や、コスメ雑貨店など、ここだけで半日は過ごせてしまいそうなお店が4階建てのビル内にギュッと詰まっています。あまり人で混雑しないのもこのエリアの特徴。お買い物したい方にはゆっくりとまわれるのでおすすめです。

興業路をはさんで北側が「北里」と呼ばれるエリア

南里よりも石庫門独特の建築が多く残っていて、狭い路地裏めぐりも楽しめます。オープンテラスのカフェやセレクトショップが多く、シノワズリの風景が楽しめます。夕方になると落ち着いたイルミネーションでまた違った顔に。石造りの建物と最新のショップ。昔の雰囲気を壊さずに融合している様は見応えたっぷりですよ。

お食事も人気店が多いので、上海中心地の喧噪を抜け出して、新天地でゆったりとしたひとときを過ごしてみるのはいかがでしょうか。

■新天地
住所:上海市新天地
営業時間 :店舗により異なる
アクセス:地下鉄10号線「新天地」駅6号出口。徒歩約5分。
HP:www.xintiandi.com

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。