世界最大級の動物園『ベルリン動物園』

ベルリン動物園

 

1844年にオープンしたドイツで最初の動物園。その起源はフリードリヒ大王の時代に造られたキジ飼育場まで遡り、第二次大戦で破壊されたものの、戦後無事に再建され、現在は約1400種類、約19000頭の動物が飼育されている巨大動物園です。

世界中から愛されたホッキョクグマのクヌートがいた動物園と言えば、ピンと来る人もいるのではないでしょうか。悲しいことにクヌートは2011年3月に永眠しましたが、2012年にクヌートの銅像が建てられ、クヌートファンを喜ばせています。

広大な園内にはゴリラ、チンパンジー、象やキリン、カバにサイ、シマウマやオカピ、トラやライオンなど多くの貴重な野生動物が見られる他、水族館も併設されているので、動物園と合わせてじっくり周る場合は1日がかりになること必至。

動物園には入り口が2ヶ所ありますが、お勧めは1899年に造られた巨大な象の石像が門の傍にどっしりと構えているエレファント・ゲート。もう1つのゲートにはライオンがいるんですが、こちらは割と普通です。但し、エレファント・ゲートから入る場合、最寄駅からかなり歩かないといけないのが難点。

■ベルリン動物園
・住所:Hardenbergplatz 8, 10787 Berlin
・電話:+49 (0)30 254 010
・営業時間:
【1/1~3/15、3/24~9/8、10/21~12/31】9:00~17:00
【3/16~3/23】9:00~19:30
【9/9~10/20】9:00~18:30
【12/24】9:00~14:00
・定休日:無休
・アクセス:Zoologischer Garten(U-Bahn 2・9番線)から徒歩5分
・URL:http://www.zoo-berlin.de/

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。