壮大なドームから街を一望!ベルリン大聖堂

ベルリン大聖堂

ベルリン大聖堂

概要

ベルリン中心部にある、壮大なドームが一際印象的な大聖堂。会堂としての歴史は1465年まで遡るそうですが、1608年以来ルター派の礼拝をおこなっている大聖堂で、ホーエンツォレルン王家の地下墓所を有することでも有名です。

建物の歴史

建物は1944年に空襲で大破したものの、その後しばらくは暫定的に修復されるのみで、本格的な聖堂再建は1975年から。最終的に改築・修復が完結したのは2002年です。ドイツには、第二次大戦中に破壊された後に長い時間かけて修復した建物がたくさんありますが、ここもその一つ。「ドイツ人魂」のようなものを感じました。

ドームについて

巨大なドームは、高さ114m。このドーム部分の内側にあるのは、聖書の「山上の説教」の祝福を描いたアントン・ヴェルナー作のモザイク画8点。階段を270段上ると、このモザイク画を間近で見ることができます。階段を上りきって外に出ると、そこはベルリンを一望できる絶景スポット。ドーム周囲をぐるりと周りながら眺める景色は最高です。

教会音楽も楽しめる

入って左上方に見えるパイプオルガン(ヴィルヘルム・ザウアー工房製作)もまた巨大で、圧倒されます。コンサートやオルガン祭などが開催される時なら、オルガンの壮麗な演奏を楽しむこともできます。大聖堂に響き渡るパイプオルガンの音色は格別です。

■ベルリン大聖堂
・住所:Am Lustgarten 10178 Berlin
・電話番号:+49(030)20269-119
・開堂時間:
【月~土】9:00~20:00
【日・祝】12:00~20:00
※10月1日~3月31日までは、午後7時に閉堂
・定休日:無し
・URL:http://www.berlinerdom.de/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。