大きなガラス張りの明るい現代美術館

 

       マリノ・マリーニ美術館

フィレンツェといえば、ルネサンスというイメージが強いのですが、それだけではありません。

20世紀の彫刻家マリノ・マリーニは1901年トスカーナ地方のピストイアに生まれ、1980年に没しました。代表作は馬に乗っている少年の彫像の連作で、ヴェネツィアのグッゲンハイム美術館など他館にも収蔵されているので、目にした方もおられるかもしれません。
 

       サン・パンクラッツィオ教会を使った建物

建物は、かつてサン・パンクラッツィオ教会という教会でした。中世ごろからあった教会でしたが、ナポレオンの命により教会としての機能を失い、たばこ工場、軍用施設に転用され、さらに火事の被害を被りました。その後改築され、1988年に美術館施設として再生されました。

火事の被害で失われた教会後陣部分は、大きなガラス張りの壁となっています。天井の高い広い空間は、のびやかで明るい雰囲気です。マリーニの作品たちはとても自由なようすで、鑑賞しているこちらもなんとも楽しくなってきます。
なんとも楽しい、過去と現在の共作ともいえるような空間です。歴史との繋がりが強いイタリアらしい、現代美術との出会いの場となるのでしょうか。

■Museo Marino Marini(マリノ・マリーニ美術館)
住所: Piazza di San Pancrazio, Firenze
電話:+39 055 219432
営業時間:月10:00~17:00、水~土10:00~17:00
休館日:火、日、祝日
HP:http://www.museomarinomarini.it

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。