世界の名画が一堂に

 

        レオナルド・ダ・ヴィンチ

ウフィッツィ美術館は、フィレンツェを観光するならば、個人だろうと旅行社のパッケージプランであろうと、たとえ一日、しかも夕方には別の街へ移動するとしても、必ず一度は訪れる美術館ですよね。

万能のひとレオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」。神の手をもつミケランジェロの「聖家族」。そしてもちろん、ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」と「プリマヴェーラ」。特別、芸術に興味のない人でもその名を知っている天才たちの至宝が、かつてはフィレンツェ共和国政府のオフィスとして使われていた、このU字型の建物にぎゅうっと集まっているのですから、観て回るうちに、頭がくらくらとしてきます。

そんな時には、Uの字の付け根にあるカフェでひと休み。アルノ川に面した見晴らしの良い窓辺で風をうけ、エスプレッソで英気を養いましょう。
 

         政治論者のマキャベリ

 

        ミケランジェロ

一階の回廊もお忘れなく

この美術館のもうひとつのお勧めは、一階の回廊です。ここには、フィレンツェの偉人達が銅像となっていまも佇んでおられます。

まずはフィレンツェの国父と呼ばれたコジモ・メディチ。その孫、ロレンツィオ“IL MAGNIFICO(偉大な、素晴らしい英語で言えばザ・グレート)”。もちろんダヴィンチもミケランジェロも、ダンテにボッカチオ、変ったところで、アメリカの名前の元となったフィレンツェ郊外出身の、アメリゴ・ヴェスプッチさんもおられますから、美術館の行きか帰りにどうぞお見逃しなく。

■Galleria degli Uffizi(ウフィッツィ美術館)
住所:Piazzale degli Uffizi, 6, 50122 Firenze
電話: +39-055-238-8651
営業時間:8:15~18:50
定休日:月曜日、1月1日、5月1日、12月25日
HP:http://www.uffizi.firenze.it/musei/?m=uffizi

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。