フォロ・ロマーノ、コロッセオまでもが一望できる丘

 

 

ローマに行くとなると、あれこれも見たい、あああそういえばあの美術館では何か展示があったな、いやいや今度こそあの遺跡を訪れなければ……などと煩悩の塊になってしまいます。やはり、『永遠の都』です。

次にローマに行く機会を得たなら、ゆっくり訪れたい場所の一つが、カンピドーリオの丘の周辺です。カンピドーリオの丘へ上ると、ミケランジェロの構想による広場が目に飛び込んできます。計算された幾何学模様の意匠を持つ広場と、三方を囲む建築物から構成された空間には美しい調和があります。

undefined

 

世界の最古の美術館とされる、カピトリーニ美術館もここにあります。彫刻、絵画の膨大なコレクションはしっかり時間を確保して見学したいものです。また、市庁舎も置かれているので、もしかすると結婚宣誓式を済ませたばかりのカップルに遭遇するかもしれません。

さて、カンピドーリオの丘の西側には、コロッセオやフォロ・ロマーノが位置しています。現在、視市庁舎やカピトリーニ美術館が置かれている建物の一部は、古代ローマ時代にはタブラリウムという公文書を保管する施設でした。現在はきちんと整備され、フォロ・ロマーノを一望することができます。

■カンピドーリオ広場
住所:Piazza Campidoglio, 55, 00186 Roma

※データは記事公開時点の情報です
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。