ビクトリア時代の王道スタイルを貫く「Prince of Wales Hotel」

 

 

トロントから車で約1時間半。世界的に有名なナイアガラの滝の近くにある小さな街ナイアガラ・オン・ザ・レイクはかつて植民地支配をしていたイギリスの雰囲気が残る小さな街です。

レンガ作りの建物が並び、花々が鮮やかに咲くQueen streetにある最高級クラスのホテルのひとつが「Prince of Wales Hotel(プリンス・オブ・ウェールズ・ホテル)」です。ジョージ5世が皇太子時代に滞在した歴史あるホテルです。

客室はビクトリア時代の王道スタイル。エレガントなアンティークのインテリアや伝統的なタペストリーなどでコーディネートされており、心地よい空間がつくられています。

ホテル内には、ダイニングレストラン「Escab che」も併設。午後はプレートにぎっしりと盛りつけされたサンドウィッチやスコーン、紅茶が楽しめるアフタヌーンティーのセットがオススメ。ディナーはナイアガラエリアで作られているワインに合うワインキュイジーヌをいただくことができます。

ホテルにはレストラン以外にもスパやプールなどがあり、スタッフも親切と口コミの評価も高いホテル。ナイアガラエリアで、ゆったりとした時間を過ごして癒されたい方には最適のホテルです。

<DATA>
■Prince of Wales Hotel
住所:6 Picton Street PO Box 46 Niagara-on-the-Lake
ホームページ:Prince of Wales Hotel

※このデータは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。