本場でいただくチュロスはホットチョコレートを添えて

 

 

チュロスはもともとはスペインのお菓子なんです。本場でチュロスというのは、食いしん坊旅の一つの目的ですよね。どこのカフェでもたいてい食べられますが、せっかくですから、由緒ある老舗カフェに行ってみることにしました。

雰囲気のある旧市街にたたずむ老舗カフェ

14世紀~15世紀の古い教会などが立ち並ぶ、実に味わい深い歴史地区のゴシック地区に古くからたたずむカフェ、Granja la Pallarera(グランハ・ラ・パリャレサ)。創業から約60年、バルセロナ市内外から多くのお客さん(ご婦人層が多いみたい)の憩いの場所として営業を続けています。

チュロスとホットチョコレートの鉄板コンビ

メニューが意外と多くて一瞬迷うのですが、やはりここはチュロスを。そして、オススメの食べ方としてガイドブックなどにも掲載されているように、ホットチョコレートを同時にオーダーしました。これまた種類が豊富なのですが、定番と言われるスイッソ(スイス風)を。これが実に美味しくて驚きました。甘すぎないチョコ、ほどよくビターでほどよく甘く、まさに大人のホットチョコレート!ここに、揚げたてのチュロスを浸していただくのが王道なんだそうです。単品でも良し、コラボも良し。さすが老舗の実力ですね。

軽食やご当地スイーツも充実

もう少ししっかり食べたい人には、サンドイッチ(なぜか名前がビキニだったりする)や、丸い形のクロワッサンなどのパン類も充実しています。ご当地スイーツのクレームカタランももちろんありますので、複数で訪れる場合は、いろいろ頼んで味比べするのも楽しいですね。どれもハズレなしの美味しさです。

■Granja La Pallaresa
・住所:Calle Petritxol, 11, 08002 Barcelona
・電話:933 02 20 36

※上記データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。